任意整理Q&A|任意整理の専門家による相談サイト

任意整理応援サイト

任意整理Q&A

Q.任意整理をした場合のメリットとデメリットは?

A. 任意整理をした場合のメリットとデメリットは以下のとおりです。

メリット
  •  1.払い過ぎた利息分、借金が減る
  •  2.原則、将来の利息が0%になる
  •  3.原則、毎月の返済額が減る
  •  4.督促がすぐに止まる
  •  5.依頼後3~4ヶ月、返済をしなくてもい
  •  6.裁判所に行かなくてもいい
  •  7.交渉はすべて司法書士に任せることができる
  •  8.過払い金を取り戻せる可能性がある
  •  9.借金を解決する見通しがたつ
  • 10.借金の取立てなどに追われることがなくなり、仕事や
       普段の生活に集中できるようになる
デメリット
(1つだけ)
1.ブラックリストに登録される
(今後5~7年程度、新たな借入やクレジットカードの利用ができなくなる)

Q.どんな場合に任意整理が出来るの?

A. 任意整理は、借金を減らした上で3~4年程度で借金を返しきれる場合に適しています。借金が減っても4年では返しきれないという場合は、自己破産や個人再生の手続きが適していると言えるでしょう。

Q.取引が1年ぐらいしかない場合、任意整理をする意味はある?

A. あります。取引が1年であっても金利が高ければ、その分借金は減ります。(ただし劇的な減少は期待できないでしょう)。また、今後の利息が0%になるという点で十分メリットがあると言えるでしょう。

例えば、現在の借金が100万円、利息が年15%とすると...
100万円×15%=15万円   ということで年間15万円の利息を支払う必要があります。
これを任意整理をすると、原則、今後の将来的な利息を免除されますので、今後の支払はすべて借金の元本に充てられることになり、支払った分だけしっかりと借金が減ることになります。

Q.15%の利息しかとられていない場合、任意整理をする意味はある?

A. あります。任意整理の手続きをとったことで借金は減りませんが、上記のとおり今後の利息が0%になるという点では、十分メリットがあると言えるでしょう。

Q.任意整理が失敗することはあるの?

A. 実際に当事務所で取り扱った事案で、和解できなかったことはありません。3年~4年で返しきれる原資を毎月ご用意いただければ、必ず分割払いの和解を成立させますので、ご安心ください。

Q.ギャンブルが原因でも大丈夫?

A. 大丈夫です。任意整理の場合裁判所を通さない手続きなので、借金の原因は問題になりません。要は、借金を3~4年で返しきれればいいのです。ただし、借金の原因となったギャンブルなどは、任意整理の後は絶対にしないようにしましょう。

Q.任意整理で依頼した後、和解するまでの間は支払いはどうするの?

A. ご依頼いただいたら、和解が成立するまで返済は一切ストップしていただきます。その間に、まずは司法書士費用を分割でお支払いいただき、それが終わったら返済開始に備えてお金を貯めていただきます。

Q.任意整理で和解が成立したら、今までどおりATMで払うの?

A. 任意整理で和解が成立した場合、今後は銀行への振込みで返済を行っていただきます。各貸金業者との和解書の中で銀行口座が指定されますので、そちらにお振込みいただく形です。銀行で振込みカードを作成すると便利です。

Q.任意整理と過払い請求はどう違うの?

A. 任意整理も過払い請求も基本的な違いはありません。
ただ、実務上は借金が残っている場合を任意整理、既に完済している場合を過払い請求、と呼んでいます。どちらも払い過ぎた利息を適正化するという点で共通しています。

Q.家族や会社に秘密で任意整理をすることはできるの?

A. できます。司法書士が貸金業者に受任通知を送った場合、貸金業者はあなたやその関係者へ連絡をすることが出来なくなります。ですので、あなたがお話しにならない限り、家族や会社の人には知られません。
  今まで多くのご依頼者が、家族や会社に秘密のまま任意整理の手続きを終えられていますのでご安心ください。
ただし、もし可能なようであれば家族に全事情をお話し、家族のご協力を得ることをお勧めします。家族が力になってくれれば非常に心強いですし、精神的に楽になると思います。

Q.自分が任意整理をしたら妻もブラックになるの?

A. なりません。ブラックリストへの登録は、あくまで任意整理をした本人に限られますので、あなたが任意整理したからといって奥さんや家族がブラックリストへ登録されるということはありません。ですので、奥さんや家族がクレジットカードを使えなくということにはなりません。

Q.4社中、2社だけを任意整理することはできるの?

A. できます。任意整理は、自己破産や個人再生と違い、すべての貸金業者を対象とする必要はありません。例えば消費者金融だけ任意整理して、銀行への借金はそのまま返していく、という選択も可能です。
  ただし借金は全部一緒に整理したほうが、抜本的な解決につながりやすいでしょう。

Q.車を持っている場合、任意整理はできないの?

A. できます。ただし車のローンも任意整理してしまうと、車を引き上げられてしまうので、それは手続きから外さないといけません。車のローンは今までどおり支払い、それ以外を任意整理すれば、車は引き上げられることはありません。

Q.住宅ローンがある場合、任意整理はできないの?

A. できます。ただし、住宅ローンも任意整理してしまうと、抵当権を実行されご自宅を失ってしまうので、それは手続きから外さないといけません。住宅ローンは今までどおり支払い、それ以外を任意整理すれば、ご自宅を失うことはありません。

Q.銀行でのおまとめローンと任意整理、どっちのほうがいいの?

A. おまとめローンは金利が比較的低いですが、低いといっても利息が発生してしまいます。例えば、5社400万円を利息9%でおまとめした場合でも、1年で36万円が利息となります。そして翌年以降も利息が発生します。
かたや任意整理をご依頼いただいた場合、原則利息が0%になります。そして、当事務所で任意整理のご依頼をいただいた場合、基本費用1社×3万1500円、5社だと15万7500円となります。
おまとめローンでは、たった1年で36万円が利息として発生し、さらに翌年以降も利息が発生します。 その点任意整理の場合だと、全部で15万7500円の負担で利息は0%になり、さらに、借金が大幅に減る見込みもあるのです。
以上を踏まえると、任意整理のほうが明らかに経済的ご負担は少ないと言えるでしょう。

Q.任意整理をお願いしたら、マイナスになることはあるの?

A. 基本的にありません。利息が低くて借金が減らなくても、今後の利息は0%になります。ですので、基本費用1社×3万1500円を負担しても、それよりは経済的メリットはあるといえるでしょう。ただし、利息が低く、あと借金が数万円しかない場合は、任意整理をしないで完済してしまったほうがいい場合もあります。

Q.どの司法書士・弁護士に頼んでも一緒なの?

A. そんなことはありません。任意整理の専門家に頼んだほうがいいでしょう。   同じ司法書士・弁護士であっても、その分野に精通していないと、いい加減な対応を取られてしまうかもしれません。
実際に相談してみて、安心して任せられる先生にご依頼ください。